低体温対策

体温の低下と体の不調は関係が?その真相に迫りました

更新日:

018

 

体温の低下と体の不調は関係がある!

 

体温が下がると体の基礎代謝が下がるだけではなく、体の様々な機能が不調をきたします。
今回は体温が下がると体に不調が何故起きるのかをマトメテみました。

まず、体温が下がると基礎代謝が下がり免疫力も下がります。

基礎代謝と免疫力の関係

人間は体内に熱を発する事で、体外からの雑菌を防いだりして、体を守ろうとします。
体温が下がってしまうと免疫力が下がり菌に対する抵抗力が下がってしまいます。

風邪をひいたり、花粉症等のアレルギー症状が出るのはそんな時で最悪は大病になることも・・・
一般にがん細胞等は体温が低いと進行しやすいと言われています。

体温が1度下がると基礎代謝が半分になると言われており脂肪が燃焼しにくく太りやすくなりますし
内臓の能力も落ち胃腸の調子も悪くなります。

体内の酵素の動きが低下

体内には酵素が多く存在し、体温が下がるとそのパフォーマンスも悪くなります。

酵素の動きが悪くなると栄養を分解して吸収し難くなり体が疲れやすくなったりします。
そして人間が持つ自然治癒力も低下して病気になってもなかなか治らなくなります。

体温低下は不妊症も招く?

体温が低いということは体中に血が巡っていないこと。男性は精子に元気が無くなったりEDになったり
女性も卵巣の機能が低下して不妊症の原因にもなったりします。血が巡らないと栄養も胎児まで行かないので
最悪は流産や知覚障害の可能性も出てきますので、要注意ですね。

 

体温の低下と体の不調の関係・冷え美のマトメ

体温の低下は基礎代謝が落ち抵抗力も落ちるので放置すると体調も悪くなります。

癌はじめ細菌は低体温で進行するので体温は36度台を目指しましょう。

ダイエット効果に自然治癒力もあがり健康な毎日が過ごせますよ。

Sponserd link

Sponserd link

-低体温対策
-, , , ,

Copyright© 冷え性・低体温・低血圧改善の教科書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.