冷え性改善 食べ物

冷え性の女性に人気のヒハツ!めぐり改善効果の裏にある副作用や話題のヒハツサプリもご紹介

更新日:

rapture_20161108073841

健康系のテレビ番組によく登場する「ヒハツ」。

一度は聞いたことありますよね。近年、めぐりの良さが注目されているヒハツ。

今回はヒハツについて詳しくご紹介します。

【1】ヒハツとは?調味料だったと言う噂はホントなの?

rapture_20161108073841

ヒハツは胡椒科のツル性植物の名称。

登場は古代ローマ帝国があった紀元前と
言われています。

主に東南アジア等温暖な地域で栽培されて、
日本のヒハツは沖縄で栽培されています。

長い形状から「ナガコショウ」「ロングペッパー」と呼ばれ、
現地では乾燥させスパイスとして扱われました。

胡椒のような風味ですが、近年は胡椒の登場でスパイスとして
使われる事はほとんどなくなったそうです。

 

古代中国ではヒハツを血行改善に有効な漢方薬として扱われ、
その頃からスパイスより漢方薬として見られる様になりました。

ヒハツの特長は血行改善以外に他の成分の栄養価を高めること。

血流が改善されて栄養素がめぐりやすくなる事で
栄養素の効果が高まると言うことです。

◆ヒハツの栄養価

ヒハツの魅力は有効成分のピペリン。唐辛子にも入っているあの辛い奴です。

これ、めぐり効果が凄いんです。

 

point ヒハツにはこんな栄養が

  • ビタミン
  • ミネラル

 

【2】ヒハツには期待される効果・効能が沢山な理由?

ヒハツはそのめぐりパワーで様々な効果が
期待できます。

血行が促進されてめぐりが良くなるので、
冷え性や肩こりの他、ダイエットや男性のEDにも
といいコトずくめです。

ヒハツの主な効果

  1. 冷え性・むくみ改善
  2. 肩こり・腰痛の緩和
  3. ダイエット効果
  4. 男性のED改善
  5. 美肌効果
  6. 薄毛・育毛効果
  7. 疲労回復
  8. 貧血改善

ヒハツは本来は香辛料のはずですが、
刺激も少なくマイルドな感じです。

最近では、テレビ「主治医が見つかる診療所」で
話題になったゴースト血管。

ゴースト血管とは毛細血管が消滅する恐ろしい現象。

ゴースト血管を改善できる限られた食材として、
ヒハツが取り上げられていました。

ヒハツは毛細血管を修復する作用を持つTie2受容体を
活性化すると注目されています。

ゴースト血管は癌の細胞の周辺にも見られ、
改善する事で体の血流が良くなっていきます。

その結果、酸素や栄養がめぐり癌の予防にもつながります。

タイツーにより毛細血管が修復されて丈夫になると、
血行が促進され栄養が体内をめぐります。

冷えやむくみも解消されて基礎代謝もあがり、
お肌のターンオーバーも正常になります。

 

【3】ヒハツには副作用がある!最悪な場合は死に至る事も

ヒハツは血行を高めるので副作用はないと
お伝えしたいのですが、起こる場合もあります。

薬を服用中の方が、ヒハツを服用することで、
薬の効果が強くなり過ぎることがあります。

薬の種類は気管支炎・てんかん・降圧剤等と
限られていますが注意は必要です。

薬と一緒に服用する場合は事前に医師に相談して下さい。

 

ヒハツは胡椒科の植物なのにマイルドな辛味ですが、
香辛料特有の刺激があるので病気以外でも要注意。

胃腸の弱い方には刺激が強くて、体内で炎症を起こす事も。
胃腸が弱いと自覚している方は服用しない方が無難です。

【4】服用時に気をつけることは3つ!

 

ヒハツは薬の効果を高める作用があるので、
摂る時間や飲み方にも注意が必要です。

ヒハツの1日の推奨摂取量は300mg。

1.ヒハツを摂る時間帯には要注意!絶対に駄目なのは●●前

ヒハツは食事中に摂るのがオススメです。

逆に刺激物なので寝る前の摂取は控えましょう。

本来は香辛料として使われていたこともあり、
カレーやシチュー等の煮込み料理には相性抜群です。

沖縄ではヒハツを生姜の代わりに紅茶に入れて
飲む方も増えて来たそうです。

2.ヒハツの使い方はお任せで!味の邪魔にならないのが魅力

ヒハツは本来スパイスなので、食物に混ぜても
邪魔しません!

できれば煮込み料理なんかがいいでしょう。

食後30分はヒハツと相性が悪いと言われる
気管支炎・てんかん・降圧剤等の薬は摂らないように。

3.1日の推奨摂取量はあくまでも推奨!サプリメントの活用も目的を持つ事

ヒハツの1日の推奨摂取量は300mgと
先にお伝えしました。

ただ簡単に手に入り、ヒハツを摂る習慣のある
沖縄の人以外は恐らく摂れない事と思います。

普段の食事からは摂るのは不可能なので、
ヒハツをどうしても摂りたいと言う方には
サプリメントをオススメします。

ヒハツは一緒に配合されている成分の効果を高める脇役的な存在。
めぐり効果以外にも目的をしっかり持って摂取するようにしましょう。

【5】ヒハツは唐辛子とどう違うの?

ヒハツと唐辛子の違いで決定的なものはその形状と色ですが、
TRPV1の活性化のスピードが全く違います。

唐辛子は急激にTRPV1が活性化すして、
体温が上がるので汗をかきます。

対してヒハツはピペリンの影響もあってか
体温上昇のスピードが緩やかで汗をかきにくいです。

汗をかくと温まった体が冷えてしまいますので、
体温はその分下がってしまいます。

また、女性は汗をかくと折角のメイクが台無しに・・・

一気に体を温めたいのか、
ジンワリと体の隅々まで温めたいのか?

冷え性対策でヒハツが選ばれる理由は、ここにあるんです。

【6】ヒハツは何処で販売されている

ヒハツには、色んな呼び方があります。

ヒバーチ・ピーヤシ・フィファチ・フィファチ
島コショウ・島胡椒・ピパーツ・ピィーヤーシ
ピパーチ・ピィーヤシ・長コショウ・ロングペッパー・・・

ご自宅に粉挽きがあるのなら、長胡椒が
風味が出てオススメ。

粉末タイプなら、百貨店、イオンやヨーカ堂等の
スーパーマーケットやドラッグストア。

ネット通販で何処でも購入できます。

呼び方は違いますが、S&Bのブラックペッパーも
ヒハツの粉末です。

ヒハツは実は身近な香辛料でもあるんです。

体が冷える方は、お使いのスパイスに替えて、
ヒハツの配合されたスパイスを使いましょう。

 

ヒハツエキスと良くネットなどに出ていますが、
サプリメントにする時の原料名です。

実際はヒハツだけをエキスとして扱う店舗はまだ皆無です。

【7】ヒハツのサプリメントは最近のブーム!目的に合った物を

ヒハツはめぐり効果が期待されますが、
沖縄以外では普通には売っていません。

スパイスとして普段の食生活に取り入れるのも
ほぼ不可能な素材です。

汗をかき難く体温の上昇が期待できるので
めぐり改善に「ヒハツを摂りたい」と言う
女性が増えて来ました。

ヒハツはめぐり効果で他の栄養素の吸収を
補助する役割の一方でサプリメントとしては
ヒハツ単体では存在しません。

ウコン配合・クラチャイダム配合・生姜配合の物と
言ったように「ヒハツ+○○」のネーミングの物が
幾つか存在します。

なので、それぞれの目的によって選ばれたらいいと思います。

ヒハツのサプリメントは非常にバラエティーで
価格も1,000円台からと続けやすく感じます。

 

商品名 通常価格 定期(初回)

(2回目以降)

返金保証 主な素材
 金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイダム

詳細

3,909円 3,126円  無  ヒハツ

金時生姜

クラチャイダム

美建めぐりんぱ

【詳細】

 3,800円  907円

3,800円

 無  ヒハツ

金時ショウガ

高麗人参

アーティチューク

カシス

金時しょうが粒

【詳細】

 1,728円  907円  無  ヒハツ

金時生姜

なごみ美人

【詳細】

4,980円 1,980円

3,980円

 45日間 ヒハツ

生姜麹

イチョウ葉

カプサイシン

 美スラリッチ

【詳細】

 4,975円  0円

(送料500円)

3,980円

 無  ヒハツ

シトルリン

Lカルニチン

 

【7】まとめ

近年、ヒハツはそのめぐりパワー(血行促進)が注目され、
色んな効果があることから、メディアにも取り上げられる事が多くなって来ました。

ヒハツが特に女性に人気の理由は汗をかかなくて、じっくり温活できること

副作用はありますが、あくまでも飲み合わせの問題なので、
飲み合わせや飲む時間を注意すれば、安心して採り入れていただけるものだと思います。

冷え性の他、ゴースト血管の解消にも注目のヒハツ、
採り入れてみて下さい。

 

-冷え性改善 食べ物
-, , , ,

Copyright© 冷え性・低体温・低血圧改善の教科書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.