季節の冷え対策 冷え性対策 冬

冷え性で冬の外出が辛い方注目!すぐに実践できる基礎体温があがる簡単な2つの方法とは

更新日:

e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_s
これからの季節は低体温の方には更に辛い季節!

公共の交通機関を使ったちょっとした外出でも暖房が効いてないと手足の先が冷たくなリがちです。体中に貼るタイプのホッカイロを貼ってみたり、肌着の厚いのを着込んだり靴下は当然の二重履き・・・それでも、気温が氷点下まで下がると腹痛などの体調不良になりがちです。

今回は元々体温が低い方が基礎体温をあげるのに有効な方法について触れて行きますね。

何故?あなたは体温が低いの

低体温の方は一般に虚弱体質と言うより、なるべくしてなってしまった方のほうが多く思います。

生活習慣が乱れ、食事もファストフードやインスタント物中心の脂っこい物になっていたり無理なダイエットや偏食で鉄分が不足。就寝時間がバラバラで睡眠時間も短く自律神経も休まらないし、神経質でストレスが溜まりがちで睡眠は摂っているものの熟睡できずに本当は体が休まっていない。

当然、忙しくて時間が無いので筋肉を付ける為に適度な有酸素運動なんかできないし、夜も仕事が溜まっているので悠長にユックリと湯船にも浸かってられない・・・

こうなると、体のリズムも崩れて体の抵抗力や自然治癒力が下がったり、血液もドロドロで血管にも脂肪が蓄積し全身に血液がめぐらない状況になって行きます。

 

基礎体温を上げたい方が摂るべき方法は2つ

血液が全身にめぐらない原因としては、先程の血管の詰まり以外に貧血はじめ血液不足もあります
まずは「血の量を増やす」事、規則正しい3食に加え、食事も鉄分が増えやすいレバー・もも肉、魚介類や非ヘム鉄のひじき、ほうれん草、豆類、ヘモグロビンの材料になる良質のタンパク質も摂るようにしましょう。それらに合わせて摂りたいのがビタミンC,ビタミンB12、そして葉酸です。肉類ばかり摂ると毛細血管に脂が溜まりがちなので、血液サラサラ成分の納豆キナーゼやリシチンを含む納豆やニンニク、生姜等も合わせて摂るようにして下さい。

「血液を増やす」と全く真逆の方法が「血管を開く」です。これは、血管を血が流れやすくするということで、適度な運動や断食が効果的だと言われています。あと適量のアルコールもいいのでお酒が苦手な方は養命酒みたいな感覚で赤ワインを飲むのもオススメです。

マトメ

yubi

基礎体温をあげるには「血液を増やす」「血流を良くする」ことが大切ですね。そしてそれには生活習慣の改善が必須です。食事は3食栄養のあるものをバランスよく摂り、運動もし睡眠もよく摂りましょう!

 

 

低血圧はじめ基礎体温をあげるのに役立つサプリメントです。↓

金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイダム

 

-季節の冷え対策, 冷え性対策 冬
-, , , ,

Copyright© 冷え性・低体温・低血圧改善の教科書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.