低スプレッド

季節の変わり目の寝汗は要注意!治さないと招く3つの悲劇とは

MENU
ここから
冷え性・低体温・低血圧改善の教科書 TOP  >  冷え性対策  >  季節の変わり目の寝汗が招く3つの悲劇!寝汗の原因と対策についてのまとめ

季節の変わり目の寝汗が招く3つの悲劇!寝汗の原因と対策についてのまとめ

gf1420110601梅雨時や夏から秋への季節の変わり目に寝汗でビショビショなんてことありませんか?

肌寒く感じるのに、体からは大量の寝汗が出てしまう。寝具は同じなので家族は誰も汗をかいていないのに私だけ・・・
厚着ならともかく、汗をかかないように薄着でも同じ症状に・・・

こんな時は、決まって風邪をひいてしまうのではないでしょうか?

ご安心してください!これは体が持つ本来の体温調節機能で病気ではないんですよ。
今回は寝汗のメカニズムについて詳しくご紹介して行きます。

 

【1】寝汗とは

寝汗は寝ている間に出るの汗の事コップ1杯分が平均的な量だと言われています。

汗は体の老廃物を体外に出したり、体温調整には欠かせない物で暑い夏の日には大量の汗をかきます。寝汗は普通の汗と違い、夏よりも冬の方が寝汗をかくことが多く、冷え性の方は特に寝汗をかきやすいそうです。また、女性が生理の時や妊娠中も体温があがるので寝汗をかきやすいのはご存知の事だですよね。

寝汗の汗はスポーツをしてかいた爽快感のある汗とは違い不快感や疲労感が残るのが特徴です。

寝汗は精神疲労や病気の前兆でもあるので、ひどい様なら注意が必要です。

【2】寝汗の原因

寝汗の原因は大きく分けると5つあります。テレビや雑誌とかでも紹介されたことがあるので、一度は聞いたことがあるのでは無いでしょうか?

寝汗で共通して言えるのは不快な事。汗はどちらかと言えばベタベタした汗(「盗汗」)で、体にまとわり付く感じがしますよね。

特にストレスはこの5つの中で原因の方が一番多いように思いますし、諸悪の根源となりますので注意が必要です。

1.ストレス

現代社会はストレス社会なので、ある意味しょうが無いことですが、放置すると自律神経が乱れ交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに行われず体温調節機能も麻痺してしまいます。なので、睡眠中に熱く感じて大量の汗が出てしまいます。

ストレスから自律神経を乱し放置しているととか生活習慣病になってしまうこともあるので、たまにはストレス発散することも大切です。

2.アルコール

以前に「5時から男」のCMが流行ったように、会社勤めの方には最高のストレス解消では無いでしょうか?

アルコールも適量なら体の薬になりますが、飲み過ぎは逆に毒となってしまいます。飲み過ぎた翌日に二日酔いや頭痛が酷くなった経験は誰でもあると思いますが、あれはアルコールが体内に入ると発生するアセドアルデヒドの仕業です。

アセドアルデヒドが体内に溜まると体の自助作用で体外に排出しようとします。この作用が発汗で飲み過ぎてアセドアルデヒドが体内に大量に溜まると、発汗量が増えて寝汗も大量に出るという訳です。

寝汗がひどい方はこの機会に、平日や就寝前のお酒を止めてみましょう。

3.生理不順

女性は生理が近くなると体温が上がり寝汗をかきやすくなります。これは女性ホルモンの増減が原因で生理前はホルモンバランスが崩れがちです。

このような生理前の体調の不調の事をまとめて、最近では月経前症候群(PMS)とまとめて言われています。

4.更年期生涯

40歳以降の女性に多い更年期障害。最近では男性もなると言われています。
特徴は何もないのに倦怠感、情緒不安定があること。

生理同様にホルモンのバランスも乱れがちなので、基礎体温もあがり寝汗も出やすくなります。

5.病気

原因が何も思い浮かばずに寝汗が出る場合は病気の可能性もあります。その場合に思い当たる病気ですが、白血病、肝機能障害、結核、ハセドウ病等があるので心当たりのあるようなら注意して下さい。

中でもハセドウ病は甲状腺ホルモンが必要以上に分泌され、代謝が活発になるので寝汗をかきやすくなります。トイレの回数が増えたり、いつでも汗が出やすいようなら疑ってみて下さい。

とにかく汗が出て体温が上がり、体重が減るようなら何らかの病気にかかっている可能性が大きいので、医師に相談してみるのがオススメです。

【3】寝汗が招く3つの悲劇

寝汗が原因で放置すると最悪の事態を招いてしまう事が多とあります。

病気やストレスが原因で寝汗をかく事も多いと言われていますので、心当たりのある方は注意するようにして下さい。
ストレスが原因なら心身を休めるための時間を作ってみたり、温泉でリフレッシュしたり、汗がベタつき体に他の症状もあるのなら、病院で医師に相談してみましょう。

寝汗が原因で招いてしまう主な事態は次の3点です。

1.体臭がきつくなる

寝汗は臭いと言うかとにかく臭いがします。コタツの中に足が臭い人が入った様な異様な悪臭に近いでしょうか?朝起きると、その異様な臭いが布団に充満していて、不快な寝起きを迎えることに。

この様な状態を何日も放置していると体臭もキツクなって行きますので要注意です。

2.風邪をひきやすく

寝汗で夜中に起きやすく、深く眠ることができません。それで、睡眠の質が下がり、神経が寝てないので疲れがとれず、抵抗力も落ちてしまい、かなりの確率で風邪をひいてしまいます。

こんな症状が何日も続く様なら注意が必要です。この手の風邪はしつこく長引きますので、何か体調がおかしいと感じたら早めに医者に相談して処方箋をもらって治療するようにしましょう。

3.朝方に足がつる

頭を含め上半身は熱いのに、手足は冷たいという方も寝汗をかきやすく、ひどいと寝ている朝方の時間に足がつったりこむら返こりになったりすることもあります。

このタイプの方は、決まって便秘や下痢を繰り返すことが多いのて、下半身を温めることを優先的に考えて下さい。

例えば、半身浴を日課にするとか食事も根菜類中心に温野菜を摂るようにするとか、漢方薬もサプリメントもめぐり系の物を摂るのを日課にするのも下半身の冷え対策にオススメです。

季節の変わり目になる前に体質改善して、少しでも克服しておきましょう!

【関連アイテム】:ふくらはぎを温める専用ウォーマー【ミーテ・ライトロング】

 

【4】寝汗対策

1.就寝時に体温を下げる

就寝時に汗が出るのは体の持つ体温調節機能の為で汗をかくことによって体温を下げて眠りに付きやすくしてくれます。この時の汗が嫌なら就寝時に意図的に体温を下げてあげることです。

冷房や扇風機をタイマーをセットしてかけたり、アイス枕等で頭部を冷やしたりすると寝汗もかき難くなります。

2.寝る前に適度に水分を摂る

寝汗はどちらかと言うとベタベタして不快な汗。スポーツをした時にかく汗とは違いいつまでも体にまとわり付きます。原因は先にあげた5つが主ですが、寝汗をかく人の共通点は水分が足りないこと。寝汗はコップ1杯分は出ますので就寝前に最低でもコップ1杯は水分を摂りましょう。

ただ、この時にアルコール入りの水分は厳禁です。

3.汗を蒸発しやすい寝具を使う

寝汗はベトベトしていつまでも体にまとわり付く感がありますが、多かれ少なかれ誰でもかくものです。寝汗をそのまま放置するから不快に感じるのであって、蒸発したら気分もマシになります。

就寝時の服装はゆったりした服装で寝具も汗を吸収しやすい素材(綿・絹の天然素材)を使うようにしましょう。

 

【5】マトメ

Fotolia_43506069_g

季節の変わり目の寝汗は不快なので注意しましょう!

放置すればこんな3つの悲劇に襲われます。

  1. 体臭がきつくなる
  2. 疲れがとれにくくなる
  3. 足がつったり、こむら返りになる

お風呂で体をユックリ温めて、野菜も温野菜中心に養命酒や赤ワインなど体を温める物を飲むようにしましょう!
ひどいようなら漢方薬やサプリメントも補助的に考えてみましょう。

何よりも体を冷やさないような生活習慣の改善が大切です。

 

ふくらはぎを温める専用ウォーマー【ミーテ・ライトロング】


同じカテゴリー「冷え性対策」の一覧

冷え性対策はどんな服装が効果的?守りたいある法則と温めポイント3つの首

冷え性の改善にファッションが明暗を分けている事はご存知だと思います。 冷え性の原因には食生活・姿勢・運動不足等様々なものがありますが、服装もコーディネート次第では冷えを助長しかねません。粋な肌の露出度 […]

記事の続きを読む

あなたの冷え性度は?意外と知らない冷え性のタイプとタイプ別の対策法

あなたの冷え性度は?思いあたるものがいくつ有るでしょうか? 冷え性を改善したいのなら、あなたの現状を把握することは大切です。 あなたはこんな事がありますか? 1.血色が悪い 2.手足が冷たい 3.偏頭 […]

記事の続きを読む

禁煙で冷え性が消えた!タバコの恐るべしニコチンパワーで弊害が沢山!

  冷え性はタバコも影響していると認識していますよね? 喫煙の習慣も少なからず影響があります。 先日も「愛煙家には冷え性の方が多い」という話を新聞や雑誌で見かけました。 タバコには4,000 […]

記事の続きを読む

温活の入浴メゾット!ダイエットにも効果的な美人を作る入浴法とは

一日の至福の時間をシャワーで過ごす方も多いのでは無いでしょうか? 入浴は工夫次第で冷えの改善は勿論、ダイエットや美肌効果もあがります。折角のバスタイムを無駄にせず有効に使う方法について解説していきます […]

記事の続きを読む

冷え性はこれで治る!タイプを理解するのが改善への近道!

  冷え性には何種類かあるのを知っていましたか? タイプによって冷え性対策は大きく異なります。まずは自分がどのタイプかと言うことを明確にしてみましょう。今回は冷え性のタイプ、原因、そして対策 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

冷え美のプロフィール

年中冷え症の40代OLです。 同じ悩みを持つ方々に私の体験談や冷え性の対策になる方法を幾つかシエアして行きます。 1日も早く冷え性が改善しますように!

プロフィールの続きを読む
    夕方になるとツライあなた

    バナー原稿imp

     

    カテゴリー
    ツラーい鉄分不足を解消したい


     

Copyright© 2017 冷え性・低体温・低血圧改善の教科書

ページトップ