冷え性対策 夏 季節の冷え対策

冷房の冷たい風が苦手な方必見!外出時に心掛けて欲しい3つの対処法!

更新日:

42b5c6fae4ea9c9ea90e715d94e2f2b7_s

夏は暑いので半袖・半ズボンという服装になりがちです。

バーベキューや海水浴はじめアウトドアでは心も体も開放的になりがち。でも、冷え性のあなたには気をつけて欲しいことがあります。上半身は薄着で冷えても、そう差し支えないのですが、下半身を冷やすと体全体が冷えて、放置すると体調不良になってしまいます。

夏だからと言ってファッション性を優先して肌の露出を増やす前に頭に入れておいて欲しい事をマトメました。

屋内施設は冷える

31e7235829967142014a3fc89e6af07f_s

夏のファッションは半袖に半ズボン、短パン、キュロット、ミニスカート。とにかく、肌が露出しがちです。気温の高い屋外ではこの服装でもOKなのですが、問題は冷房がはいっている屋内です。昔に比べてエアコンは小さくても機能は発達しているので何処に行っても冷え冷え状態。

体温が高めで暑がりの男性にはいいのですが、やはりこれも個人差があり女性にはとんでもないお話です。寒いと感じて1時間もその場所にいると体は冷え冷え状態、体調が悪い時は益々体調不良に陥ることに。

この様に屋内の施設に長時間滞在が予想される時は予め対策を摂りましょう!何をすれば良いのかを次からご紹介します。

屋内での冷え対策

屋内の施設で長時間滞在する予定の時、心掛けて欲しいのが「頭寒足熱」。この頭寒足熱に基づいた対策についてご紹介します。

1.羽織る物は必携

上半身は羽織物(ジャケットやウインドブレイカー)があれば必ず携帯して欲しいのですが、最悪は大きめのストールでも大丈夫です。血管の集中している首や膝を中心に温めて下さい

2.靴下は常に履く

下半身はパンツやデニム、ショートパンツでも素足は止めてストッキングは履くようにした方がいいでしょう。

基本的に「冷え」に弱いのは足首から先、元々血がめぐり難いのですが更にこの部分が冷えると体全体が冷えて血の巡りが益々悪くなりますので、足先を冷やさない様に工夫して下さい。

最近では足の指が動かし安い「五本指ソックス」やつま先のみをカバーする「つま先用ソックス」等も量販店で売られていますので、素足にサンダルやスリッポンを履くのではなく、1枚履いてあげたほうが足先も冷えません。

冷房から出た冷たい風は空気より重いので直ぐにフロアーに降りてきます。だから、室内でもフロアーの温度がかなり低くなります。

夏の冷えは足元からやって来る」ことを覚えておいて下さいね。

3.腹巻きやカイロを用意

冷えが酷い方は夏ですが腹巻きやカイロを携帯しておくのも1つの対策です。

夏の冷えは体の芯まで冷え切ってしまい放置すると様々な体調不良をもよおしてしまいます。普段から体が冷えがちなの方は冷えた時に直ぐ温めれるように普段から用意しておきましょう。

まとめ

Fotolia_43506069_g

夏は暑いので冷えとは関係がないように思いますが、油断すれば冷え性で無い方も体が芯から冷えてしまい体調不良を起こしがち。

暑い季節の冷えは体の芯から冷えることで起こるので、冷房の中に入る場合は温度設定に注意しましょう。自分で温度を調整出来ない環境なら事前に対策しておくことが必要です。

やせ我慢して体調を崩すのは以ての外、周りは気にせずに堂々と対策しましょう。

Sponserd link

Sponserd link

-冷え性対策 夏, 季節の冷え対策
-, , , ,

Copyright© 冷え性・低体温・低血圧改善の教科書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.