冷え性対策 夏 季節の冷え対策

夏の冷えは足元から!足元が冷える原因と足冷え対策の靴下選びで外せない5ポイント

更新日:

裸足

夏でも屋内に入れば、どこに行ってもまるで「冬」。

体が冷えガチな方は、事前に対策をしてストッキングや靴下を履いたりするかと思います。ただ、これが本当に対策としてベストでしょうか?

夏の冷え対策、冷えの原因と「靴下」の選び方にフォーカスして行きます。

【1】夏の冷えの原因

気温が高い夏に決まって冷え性になる方は、お洒落で露出度が高い綺麗目なファッションを好む方が多いです。

ノースリーブを基本に、胸元が大きく開いたり、おへそを出したりとか、とにかくボディラインを強調するために、補正下着を着用して体を締め付けたりします。また、足元もヒールが高いミュールで歩き方にも違和感があり、足先にも負担がかかります。

このようなファッションをしていると、血流が悪くなり全身に血が巡らなくなります

痩身なのに、下半身だけが太い方の下半身デブになった原因はミュールなどの不自然な歩行が多いです。足に負担がかかる履物を履いていれば、足先も冷える原因になります。

それに、極めつけは冷房です。暑い夏だと言うのに、何処に言っても室内はギンギンに冷えています。冷気は重量が重いので、時間が経てば足元に降りて来ます。

冷たい冷気の中に、素足でいればどうなるか想像できますよね。・・・当然、足元から冷えてしまいます。

【2】夏にオススメな足冷え対策

夏は外気が暑いので薄着になりがち、普段はカジュアルにTシャツにデニム、外出時には綺麗め系のファッションをする方が多いのでは無いでしょうか。そして、服を選んで出かける時に、いつも悩むのが足元のコーディネート。

普段はスニーカーでもいいのですが、綺麗目系のファッションではミュールやサンダルとかスタイリングに合うものでないと、折角のコーディネートが台無しになってしまいます。

でも、それだと足先が冷えてしまう・・・・冷え性と自覚している方は、足元から意識した、服装のコーディネートを考える様にしましょう

綺麗目系のファッションもサンダルやミュールではなく、パンプスがあう物を選んでみてはどうでしょうか?
そうすれば、足先も隠せますし、中にソックスを履いたりの対策もとれますよ。

1.夏の靴下選びのポイント

02e705eda7b40ff46340c9b43c71226a_s

夏は靴下と言えど、冷え性の方が選ぶのに抑えて欲しいポイントがあります。

  1. 靴との相性
  2. 全体の色合わせ
  3. 季節に合った素材
  4. 表から見えない
  5. 締め付け過ぎない

トータルのコーディネートは必要になりますが、冷え性の方が特に気を付けて欲しいのが素材締め付け具合です。通気性の悪い素材なら足が蒸れて汗が出るので、水虫の原因にもなり反って冷えてしまいます。

また、締め付けがキツイと血のめぐりも悪くなり足先まで血が行かなくなって、足先が冷たくなってしまうので注意が必要です。

2.夏向けの靴下

ちょっと着崩してもいいと言う人にはショートソックスがオススメ。素材はリネン、綿、レース等と豊富です。

また、ガーリー系でソコ厚やヒール厚のサンダルならリネン、麻等のナチュラルな素材のソックスやレース系のルーズソックス。サンダル用につま先だけ空いたトゥレスタイプもありますが、つま先が空くのはあまり意味無いでしょう。

 

3.5本指ソックス

rapture_20160614101324

5本指ソックスは足袋の様に5本の指に分かれているソックスで、年中履けるように色んな素材が発売されています。美容や健康にいいと言われ最近ブームになった地下足袋みたいな靴下です。

◆5本指ソックスの効果は

  1. 足の指を締め付けない
  2. 足の指の間に湿気がこもらない
  3. 血流が良くなる
  4. 豆ができにい

実は5本指靴下は脱いだ後でも、体温が上昇すると言われています。

形状は裸足でいるのと同じようなので、履いてみると凄く楽な感じです。通気性が良いというか、足の指がセパレートになっているので指を動かしやすく、蒸れにくいので細菌も繁殖し難いので足臭にもなり難いですね。

足の指が自由に動かせるので、空き時間にちょっとしたストレッチもでき、血流改善にもなります。

販売店はユニクロ・シマムラ等の大型のお店、アパレルショップ、大型スーパーや百貨店の靴下売り場にスポーツショップとかネット通販に色んな場所で購入できます。

冬は靴下やタイツの下に重ね履きすれば保温効果も抜群!足が冷える方の必須アイテムとして用意しておきませんか?

【3】夏の足冷え対策グッズ厳選

足冷え対策と言えば、靴下の他にカイロや湯たんぽ、電気毛布にスリッパ等が思い浮かびますが、それらの物は夏には逆効果。最悪、水虫の原因にもなり兼ねません。そんなこともあり、「夏限定」で足冷え対策グッズを選んでみました。

樹液シート

毒素の排出機能を補助すると言われるサロンパスみたいなシート。内部には一般に木酢液や竹酢液の粉末が入っており人体から余分な水分や毒素を吸い出すのが特徴です。

私もドラッグストアで良く買いますが、就寝前に足裏に貼って翌朝起きるとシートは茶色になっていてべったり、逆に体はスッキリ、足も何となくポカポカになっています。

何処のメーカーがと言うより、取り扱っている会社が多く品質もピンきりなので、信用できる会社のそこそこの値段の物を買いましょう。

足湯バケツ

足湯バケツ通称「フットバス」とも呼ばれ、ホームセンターや100円均一で売っている大きめのバケツで代用もOK、そんな高いものではありません。1回5分ほど、ぬる目のお湯に浸かり繰り返すと効果的です。3回も繰り返せば、冷え知らずになっちゃいますよ。

夏は足湯だけでもいいですが、寒い冬に手も浸けるようにすれば、まるで入浴後の様に体がポカポカです。

 【4】マトメ

Fotolia_43506069_b

夏といえど室内に入れば、地面には冷気が溜まりそこはまるで冬。室内では必ず靴下を履くようにしましょう。

冷え性の方の靴下選びのポイントは締め付けない・蒸れない・指が動きやすい

冷え性改善のポイントは「頭寒足熱」、いつの季節も足を冷やさないようにしましょう。

 



 

-冷え性対策 夏, 季節の冷え対策
-, , , ,

Copyright© 冷え性・低体温・低血圧改善の教科書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.