低血圧対策

低血圧にホットコーヒーがいい?ある物を入れるだけで激増する健康効果が大注目!

更新日:

コーヒー

 

あなたはコーヒーを1日何杯飲まれますか?

前に「コーヒーは体を冷す飲物だ」と書いたことがありました。
確かに温暖な地域で栽培されたコーヒーは体を冷す成分が多く含まれているので飲み過ぎには要注意です。でも、このコーヒは健康効果が沢山あり、また飲み方次第で体にいい飲み物になることがわかりました。

コーヒにはカフェインが含まれていて眠気覚ましやダイエットに良さそうですね。でも、コーヒーにある物を入れると驚き、
健康効果が倍増するんです。何だと思います・・・・?

次から詳しく紹介していきますね。

【1】コーヒーに入れるある物とは

答えはなんです。砂糖の代わりに塩を入れると、コーヒの持つ効果が激増するんです。

  • 便秘
  • 脂肪燃焼
  • 低血圧の改善

低血圧の方は塩分不足が原因でもあるので、塩を入れたコーヒーを飲むことで低血圧改善と自律神経も刺激されて
朝も起きやすくなります。また、便秘の方にもコーヒーは利尿作用があるのでオススメです。

逆にコーヒが苦手な方には刺激が強く、お腹を壊しやすいので普通に飲んでも効果は充分あるのですが、塩を入れると体内に溜まった宿便も外に出安くなります。

【2】飲むタイミング

コーヒーを飲むタイミングとしてオススメは朝。
夜飲むと寝れなくなりますので、飲むのはせいぜい夕方までにしましょう。

コーヒーに含まれるカフェインはダイエットの補助剤として使われています。カフェインには脂肪分解酵素のりパリーゼを活溌にする働きがあり、脂肪酸を筋肉に送り込み燃焼させます。

ダイエットに有酸素運動を取り入れている方は、運動前にコーヒー飲みカフェインを摂るのがのがオススメです。
脂肪が燃焼されてかなり汗が吹き出して来ますので、それなりのダイエット効果は期待できますよ。

【3】コーヒの意外な効果

1. 風邪対策

副交換神経にカフェインが作用し正常な体に早く戻る。

2.アレルギー対策

鼻炎やインフルエンザ対策
精神安定

3.二日酔い頭痛の鎮静

アルコールを分解して負担を少なくする

4.コレステロール

善玉を増やし悪玉を減らす

5.がん予防

肝臓、大腸、口腔系の癌の予防になる

6.アンチエイジング

ポリフェノールが多く含まれていて美容効果も。

【4】コーヒを飲む時の注意点

コーヒーにはカフェインが含まれており、利尿作用があります。朝にコーヒーを飲むとトイレに行きたくなるのはその為です。

体内に溜まった不純物だけなら良いのですが、時には体に必要な栄養素も体外に排出しがちです。また、カフェインの摂り過ぎは利尿作用が高まり体が冷える原因になります。1日に3杯以上もコーヒーを飲むと発癌のリスクが高まると噂もあるので、程々にしておきましょう。

また、薬や漢方薬、サプリメント等をコーヒーで飲む事は絶対にしないで下さい。折角摂った有効成分がすぐに体外に排出されますよ。

【5】マトメ

Fotolia_43506069_b

コーヒーには様々な効果・効能があります。まるで薬みたいですが塩を入れると効果が激増します。ダイエットに取り組んでいる方も運動前にコーヒーを飲みカフェインを摂ると脂肪燃焼効能があがるので是非取り組んでみてください。

冷え性や低血圧・低体温でお悩みの方も塩をコーヒーに入れて飲むと低血圧と自律神経も改善されて症状も緩和されますので、コーヒーを飲む際には砂糖ではなく塩を入れることを習慣にしましょう!

 

【代謝があがるコーヒー】
■エクササイズコーヒー



Sponserd link

Sponserd link

-低血圧対策
-, , , ,

Copyright© 冷え性・低体温・低血圧改善の教科書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.