低スプレッド

梅雨時期の冷えは体調不良の原因!梅雨冷え対策として有効な4つの方法をご紹介

MENU
ここから
冷え性・低体温・低血圧改善の教科書 TOP  >  冷え対策 梅雨時期 , 季節の冷え対策  >  梅雨時期の冷えは体調不良の原因!梅雨冷え対策として有効な4つの方法をご紹介

梅雨時期の冷えは体調不良の原因!梅雨冷え対策として有効な4つの方法をご紹介

021

梅雨になると体調を崩す方って冷え性の方が多いみたいです。

5月の大型連休が終わって夏休みとの間。なんか気が抜けてると言うかその時期に体調不良を起こし体も冷えガチ。冷たい物を摂っているワケじゃないのですが下痢腹痛になっちゃうんですよね。朝方に便意で起きる方も多いと思いますが決まって不発、消化不良を起こしてしまってお腹が張ってその日は最悪の状態。

そんな方への対策方法を幾つかご紹介します。

 

【1】梅雨冷えとは

eddca66a772ee69c0e99f38a87c7117e_s

梅雨時期は雨が多く気温が下がることから「梅雨冷え」と言われます。

実際に俳句の季語にも使われてることを見ると昔からの言葉で、梅雨は冷えによって何らかの体調不良になりやすい時期です

仕事も気乗りしないとか、精神面でも鬱になりやすいとか、体も何か調子が悪くなりがちですよね。これは誰にでもあることなので、そう悩まないで下さい。

次からは原因を見てみましょう。

→突然襲ってくるその下痢に!詳しくはこちらをクリック

【2】原因

梅雨冷えの原因は天候不良による気圧の低下です

梅雨の合間の晴れの日には気温が上がりますが、雨が降ると一転して気温も下がります。そして低気圧状態が続くと体に様々な異変が生じます。

1.自律神経の乱れ

朝晩や日によっての温度差があるのがこの季節。低気圧状態になると人間の体は副交感神経が優位になります。副交感神経が優位になれば体がリラックスして良いように感じますが、やる気ないモードが続き睡眠中と同じような状態になってしまいます。そうなると代謝も下がり、血の巡りも悪くなり体は冷えてしまいます。

体がだるく感じ、根気が無くなった時は要注意です

2.節々の痛み

低気圧状態が続くとヒスタミンが増加します。ヒスタミンが増加すると、体の節々が痛くなり、肩こり、腰痛などの持病が出て来ます。特に偏頭痛持ちの方にとっては最悪の季節です。

また、自律神経のバランスが乱れているのにヒスタミンが交感神経を刺激すると、末梢神経を収縮血の流が悪くなってしまいます。それが手や足先の冷えにもつながってしまいます。

冷えや肩こりの症状が出始めたら要注意。単なる気のせいだと思い安静にしておかないと間違いなく「風邪」をひき長引くはめに。

3.湿度のアップ

梅雨時期と言えば気圧の変化が起こりやすく、湿度が高くなりがち。カビや雑菌が繁殖して,ひどい腹痛食中毒になりやすいのもこの時期です。ジメジメ・ベタベタの状態は何となく身の置き場が無いですよね。気温は高いけど真夏程高くないので、ついつい除湿モードでエアコンをつけてしまいませんか?

更にスッキリしたいからと冷たい飲み物や食べ物を摂ってしまいがち。水分の摂り過ぎは体に水が溜まるので、更に体を芯から冷やしてしまい胃腸を壊して下痢等を引き起こします。

【関連記事】低血圧の方には梅雨は天敵!梅雨時期を乗り切る対処法を3つ大公開!

→突然襲ってくるその下痢に!詳しくはこちらをクリック

【3】対策

梅雨冷えは放置すると梅雨が開けるまで体調不良が続き、気分がすぐれない毎日が続いてしまいます。そうならないように簡単にできる対策について、いくつかご紹介します。

1.体を温める

7ead2e2c89044795550d6a359e907a15_s
夏の一歩手前で気温は上がっていますが、体の深部は冷えきっています。

入浴の際は湯船にゆっくり入って体の深部まで温めるようにしましょう。時間のある方なら、気分転換に砂風呂泥温泉、酵素風呂、薬草風呂、岩盤浴、ホットヨガもオススメです。

施設にハリやマッサージがあるならそれで、なければ市販のお灸などで代用しツボを刺激するのも更に効果的です。

オフィスでデスクワークの際は、女性なら膝掛けは必須です。また、自宅では靴下を必ず履きそれでも冷えるようなら、レッグウォーマーも試してみて下さい。
【参考記事】自宅が1分で岩盤浴に早変わり?岩盤浴もどきグッス

2.有酸素運動

026
「疲れた時に運動なんて逆効果!」とお思いでしょうが、適度な有酸素運動は血のめぐりを良くして酸素や栄養素を全身に行き渡らせます。ストレッチは肩こりや腰痛の解消にもなりますので、身に覚えがある方は取り組んでみましょう。

そして運動すると汗をかき体がポカポカになり、精神的にもリラックスして自律神経も調整されます。

【参考記事】冷え性改善にはやっぱり運動!効果的な3選

 

3.飲食

2d1f136aa234970525050c46fef03ed9_s

体が冷えないように、冷たいものの摂取は控えましょう。

食事も生野菜はカリウムが多く利尿作用がありますが体を冷します。できれば根菜類中心の温野菜を摂るようにして下さい。そこに加えて体を温める唐辛子やショウガ等を工夫して摂りましょう。夏バテに似た症状も出ますので、とにかくスタミナを付けましょう!王道はビタミンBたんぱく質を含む食材です。

豚肉、レバー、卵、豆類、タコ・イカ・貝類、うなぎ、酢、糖類(白糖は除く)鳥肉や牛肉は脂肪の少ないももやヒレ等の赤身オススメです

糖分も疲れた時にはいいのですが、白砂糖は体を冷しますので、天然の黒砂糖はちみつで代用して下さい。

水分補給は暑い季節には大切ですが、体を芯から冷やしてしまうので冷たい飲み物はこの時期は控えましょう。お酒もビールよりは熱燗や焼酎のお湯割など熱いものがいいでしょう。

気圧も下がりがちなので低血圧の方はブレイクタイムにはコーヒーがオススメ、少量のカフェインは血圧をあげてくれます。

【参考記事】体を冷やす食べ物・温める食べ物のまとめ

 

4.睡眠

aroma

疲れが溜まり過ぎると、逆に寝れなくなることがあります

そうなると、疲れは益々溜まって行きますので、睡眠導入剤や漢方薬を使ってでも、睡眠はしっかりと摂りましょう!

夜寝れない時は決まって昼間に眠気が襲って来ます。職場で寝れる環境があるなら、短時間でも仮眠を摂ると驚くほど疲れがなくなります。

体調不良を感じたら、

  1. 就寝前に温め目のお風呂にゆっくり入り
  2. 室内でアロマをたいてリラックス
  3. 就寝時間を早目にして、普段より長く寝ること

を意識して下さい。

睡眠中は特に足先が冷えるので、蒸れにくく締め付けない5本指ソックス等で対策するのもいいでしょう。

→突然襲ってくるその下痢に!詳しくはこちらをクリック

【4】まとめ

Fotolia_43506069_b

梅雨時期の体調不良は気圧の低下が原因です。
気温があがり体感温度は暑いと感じますが、体調不良を感じる方は体の芯まで冷えきっている場合も。対策は冷え性の対策と同じく体を冷やさないようにする。

体が冷えると言われている物を控える事が一番オススメの対策です。

嫌な梅雨時期を乗り切るのに試してみて下さいね!!

急な腹痛の方に最終手段 黒梅日和

同じカテゴリー「冷え対策 梅雨時期」の一覧

梅雨時期の冷えは体調不良の原因!梅雨冷え対策として有効な4つの方法をご紹介

梅雨になると体調を崩す方って冷え性の方が多いみたいです。 5月の大型連休が終わって夏休みとの間。なんか気が抜けてると言うかその時期に体調不良を起こし体も冷えガチ。冷たい物を摂っているワケじゃないのです […]

記事の続きを読む

低血圧の方には梅雨は天敵!梅雨時期を乗り切る対処法を3つ大公開!

梅雨時期に決まって体を壊すのなら、低血圧を疑ってみてはどうですか! 毎日雨降りが続くと気持ちも晴れずに、病みがちですよね!健康な人でもそうですから、低血圧の方はもっと辛いのでは無いでしょうか? 朝も天 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

冷え美のプロフィール

年中冷え症の40代OLです。 同じ悩みを持つ方々に私の体験談や冷え性の対策になる方法を幾つかシエアして行きます。 1日も早く冷え性が改善しますように!

プロフィールの続きを読む
    夕方になるとツライあなた

    バナー原稿imp

     

    カテゴリー
    ツラーい鉄分不足を解消したい


     

Copyright© 2017 冷え性・低体温・低血圧改善の教科書

ページトップ